アクセスカウンタ
プロフィール
Nine
Nine
Call Sign
BM:Nine
GB:Tom-J9
BLOG開設:2010.3.21
Mail:tomj91225@gmail.com
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
QRコード
QRCODE

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2010年05月17日

WAM4本体補修

PRO-WINマガジン修正後の試し撃ちで、ボルトストップ掛からず??
純正マガジンで試す・・・

こちらもダメ  あれ!?

ばらして動作を確認


なんか削れている

こっちも

微妙に、ボルトストップが掛かるか掛からないところで、何度も動作させてたので、ボルト側が削れてしまったようです。
なので、純正マガジンでもダメでした。

新しいボルトの購入も考えたいが、今はまだ先のことなので、これを直しました。
削れたところを、更に削ってボルトストップが引っかかるように

こんな感じまで、

削りました。
これで、マガジン/本体の修理も終わり、休日が終わりました・・・  

Posted by Nine at 07:25Comments(7)エアガン本体

2010年05月17日

マガジン修正

最初に購入した、マガジンも自宅での試し撃ちで、出し入れがきつい/ボルトストップが効かない等
多少の動作については、使っていけば慣れるかな程度に思っていました。

チャージングハンドルも、引くときが硬く、ガスルートパッキンが引っかかっていることが判っていましたが、
そのまま使い続けて、

左:一部が削れた状態
右:外して全体を削りました。
自分のWOCには、イノカツ用-0.5mmの別売りガスルートパッキンが良いのかもしれません。

あとは、ボルトストップが干渉する部分の加工

赤丸が削った場所
詳しくは、下記の参考にしたBLOGを見てください。
http://kyon2ctu.militaryblog.jp/e126599.html

最後に、フォロアースプリングを少し伸ばして、ボルトストップを効きやすいようにして終了。
これで、大丈夫なはずでした・・・!?
しかし、このボルトストップが、掛かり難い状態で使い続けたダメージが本体に蓄積されていました。

本体補修へ、つづく  

Posted by Nine at 00:08Comments(0)エアガン本体