アクセスカウンタ
プロフィール
Nine
Nine
Call Sign
BM:Nine
GB:Tom-J9
BLOG開設:2010.3.21
Mail:tomj91225@gmail.com
オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
QRコード
QRCODE

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2010年04月03日

ボール/番線

以前のBLOGで作った的の材料を、追加購入しました。

18cm×4個/20cm×10個/22cm×2個(全て各100円、ダイソーにて)

番線(10本:400円)

前回作製分

この2個があるので、8個分の作製が可能、明日のトレーニングの合い間に設置予定。
次週のCQBトレーニングで使えると良いかな。

なぜこのような的になったか
ぱっと見、鳥避けの目玉のように見えるが、通常のプレートターゲットやペーパーターゲットでは、
ある程度決められた方向からの射撃にしか対応できない。Sas-Tのシュートハウスは、索敵方向も自由に
設定が可能、普通に1Fより進入や、ベランダ(2F) から進入、人数がいれば1F/2F同時進入など、いろいろ
設定できるので、的もどちらから進入しても撃てるものが欲しかった。
そこで、立体的な的があると良いなと思い、作製してみました。
前回テストの結果は良好であったが、跳弾だけはちょっと気をつけないといけない。  

Posted by Nine at 22:27Comments(0)装備関係